忍者ブログ

うちのウパ

ウーパールーパー中心のブログが、気がつけば、いつの間にか他の生き物の話題も満載に。イベリアトゲイモリ、ダニューブクシイモリ、カスミサンショウウオ、モリアオガエル、メダカ、水辺の植物などなど、皆様との交流を楽しみたいと思っております。 Twitterはじめました https://twitter.com/yyssaann

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

孵化

先月22日~23日産卵分のブラックママ&ゴールデンパパの卵たち。

本日、6匹がめでたく孵化♪

なんと! 12日目で孵化したということになります!


我家では最短の記録。加温しているわけでもなく、外部から刺激を与えたわけではありません。
今回は非常に孵化までの道のりが早かった!のが今回の特徴。

同じ卵をヤフオクへ出品したのですが、そちらでも早くも孵化した?との情報を頂いています。

こうしたヤフオクを通じて交流の出来たこと、非常に喜ばしいことです。

売ってしまえば、はいそれでお終い~という冷ややかな?出品者、そして落札者が多い中、あの子はどうしているのか?出品者としては実に気になるものなんです。
1匹1匹個別飼育を心がけ丹精こめて育てていましたから、我が子を養子に出した気持ち?(笑)
こういう情報交換は今後も続けて行きたいと思います。

ある方は「ウパを飼育したいきっかけとなったのが当ブログ・・・」
そしてたまたまヤフオクでうちの卵を落札して頂いた。こういうのも縁なんですよね。
その方は自分もブログを立ち上げたいと張り切っておられます。
応援して一緒に切磋琢磨していきたいですね。


さて、本日無事に孵化した子たち。



6匹のうち黒っぽい子3匹、白っぽい子3匹の5割。

 

左はブラックですね。右はゴールデンもしくはアルビノ。



左は確実ゴールデンでしょう。右の子はどうやらマーブル柄。

 
 
ブラックだと思いますが、まだこの時期は確定するのは難しく・・・
成長途中で変化していくことも多々あります。



くすんでいますがゴールデンで間違いはないと思います。

明日には更に数匹の稚ウパが誕生しているはずです。



早くも出たがってピクピクしている子が多数。

まだ45匹ぐらいが控えていますから(・・;)
大変なことになりそう。

 

今回は黄色っぽい発色の子が多く見られて楽しみです♪

日曜~月曜日あたりからブラインシュリンプ給餌開始。
まためんどくさい日々が続くでしょう。



PR

お掃除屋さんを雇いました。

一昔前は嫌われ者のレッテルを貼られていた気がしますインドヒラマキガイ。

特に水草を真剣にやっていたので邪魔で仕方のなかったインドヒラマキガイ。

それが今やファッショナブルに変身して戻ってきました。

メダカケースのお掃除屋さんを探していてイシマキガイか悩んだ挙句レッドラムズホーンを見つけたのです。

インドヒラマキガイのアルビノ種?変種ということでしょうか?
今ではブルーラムズホーン、ピンクラムズホーン、ゼブララムズホーンと色々存在しています。

存在といっても要するにインドヒラマキガイ、レッドだからレッドが出るとは限らないようです。

ヤフオクでゲット。格安でした(^○^)

 

5匹プラス死着補償5匹、メール便はありがたい。

なるほど!メール便で送ろうと思えば2センチの枠をクリアする条件が必要。

なるほど!のビックリ梱包で届きました!



ビニールホースなのです。
中に水を入れて貝を入れて両サイドをラップで厳重に巻いてゴムでグルグル巻き。
これには恐れ入りました!!

しかし!リスクは覚悟しておかないといけません。

死着5匹の意味がここにあります。

貝は一塊になる。そこに圧力が掛ると貝殻がつぶれてしまい・・・(--,)


左上の貝は無残にも粉砕しています。

死着補償範囲の内ですから仕方ないけど・・・可哀想(--,)

やはりメール便には無理があるようです。
どうしても送料を安く押さえたいと考える落札者と、是非とも買ってもらいたいと願う出品者の願いが意気投合してしまう結果がこれです。




結果8匹のレッドラムスホーン。

今は元気にメダカケースのお掃除に努めております。

 

2匹いれば勝手に殖えるのです。

これも不思議なもんで殖やそうと思えば殖えず・・・
余計なところで知らないうちに殖えてしまったりして・・・

本格的に飼育を心がけるならば中性~弱アルカリ。硬度はやや高め。
酸性水では厳しいようです。



順調すぎて・・・困ったことに

22日~23日に産卵したブラックママとゴールデンパパとの卵。

前回は相当数が卵割前に没!あるいは発生途中にでも没!没!を繰り返してオークション落札者の皆様にもご迷惑おかけしたと思います。

なので今回はどうせ没卵が多くなるだろうと思っていたところ!
思いのほか順調すぎて150個ほど発生は進んでいます。
進んでいるというより、進みすぎて予定より早めの孵化が予想されます。



エラも出来上がっております。これは近いかも??

一昨日慌ててヤフオクへ出品。

とりあえず30個を2と50個を出品してます。

先ほど30個が落札、まだ30個と50個出品中。

一日も早いご落札を→発送をしたいので当ブログからもお願いです。

ブログよりお求め~というお知らせ(ブログへのコメントまたは落札後の取引ナビにて)
頂ければ表示している価格より値引きいたします。
それだけ緊急を要しています。

4月1日追記 おかげさまでブラック×ゴールデンは落札されました。

よろしくお願います。



両親です。



2月生まれの兄弟にも輝くゴールデンイエロータイプが出ています。

 

よろしくお願いします。

さて、27日~28日に産卵した初産マーブルの続報。

多くは産まないぞ?と思っていたら!
翌朝にはものすごい卵ラッシュ!





その数200個!!

やってくれましたね新マーブルママ。




初産は辛いのか・・・新マーブルママ

我家のウパのほとんどは同血統、それはそれで問題はないけれど・・・

ここらで新しい血統のウパも・・・と実は昨年ヤフオクでゲットしたマーブル。
成長につれて確実にメスであることがわかり。

今回、ゴールデンパパの子であるゴールデン2号と同居させてみました。

水槽ではなく衣装ケースという少し可哀想な雑な新居ながら、意外と衣装ケースは落ち着くんです。
体裁さえ気にしなければ使い勝手のよい衣装ケース。



新婚生活しばらくしても気配なし・・・。

そこで今月に入って2週間ほど水温を22度~24度、少し温かすぎるかな~?程度まで上げてみました。
そして3日前にヒーターオフ、水温は15度~18度程度まで下がったはずです。
このショックが予想したとおり本日大当たり!
朝から落ち着かない新マーブルママ。



お腹もかなり膨らんでました。
よくよく見れば排泄肛も開いていた。

すると!



3個の卵発見! やはり!産みましたね。

こういうときはアナカリス。

入れて数時間後、やはり数個ほど追加。



その数時間後、今現在。



10個近く産み落したようです。

が、しかし!あまり大きな期待は出来ません。
ウパ、2~3年目がもっともメスとして成熟、卵の数も質も?期待できるようなのです。

初産ということもあり大きな期待は出来ませんが、まあとりあえず若いママと若いパパとの新しい血統が誕生したということで満足としておきましょう。

明日の朝~明後日まで産卵は続くかも知れません。
結果、後日アップということで・・・。



また増えた! メダカ どこまで走るメダカ!

またしてもメダカが増えてしまいました。

うちで繁殖させたのではなく、今回は当ブログを通じて仲良くなった方からの卵のプレゼントです。

色んな種類が混じってて、その中でも青みゆき系が多い、そんなメダカの卵が届きました。



目玉がギョロギョロしている強烈な卵です。

そしてなんと!届いたその日に夕方には4匹が孵化してました。



そして今日になり7匹に膨れ上がり!



いったい我が家はどうなるのでしょうか~!

孵化1ヶ月を迎えた楊貴妃ダルマと小川ブラック。



同じ日本メダカでも別種に見えます楊貴妃ダルマと小川ブラック。


ブラックはよりブラックに黒く・・・なかなかいい感じに育っています。



ダルマはダルマっぽく見えるから不思議です(笑)


こちらは2月10日より孵化が始まったブルーメダカ。


大きくなりました。1,5センチ、2センチ近いのも居ます。



ブルーはブルーらしく見えるから不思議!!

今は小さなプラケを24度に設定した大きなプラケに浮かべて管理してますが、
そろそろ4月、そろそろ屋外飼育でバッチリ太陽の光を浴びて生き生き輝いてもらいたいところです。
メダカ本格的飼育、いよいよ春よりスタートです♪


がんばったブラックママ

今朝になり多くの卵を追加しておりましたブラックママ。

あれからアナカリス数本を束ねて投入。これが功を奏したのかポカポカと落ち着いて産卵を始めたようです。

やはり!イミテーション水草では落ち着かない?所詮はプラスティックですから本物の水草との質感が違いすぎます。
やはり自然素材が一番なんでしょうね。







だいたいの数40個ぐらい?

まあこれでも頑張った方なのです。

問題は今後のこと、正直危なっかしいかも知れません。
これも母側が高齢であるのが原因なのか?
死卵が意外と多く出る。卵割が順調と思いきや・・・途中でダメになる卵もありました。
なのでヤフオクへの出品は今回は控えて我家で孵化させることに。
きっと父親似のゴールデンも多々混じるはずです。楽しみです♪

欠損のない美しいウパを作り出し皆さんにお安く提供したいです。



お疲れさん~と労をねぎらうゴールデンパパ。



まだ産むのかな? ブラックママの排泄肛がまだ開いている。



しばらく様子を見ておきましょう。

がんばれブラックママ

やはり高齢ウパの出産はきついのでしょうか。

ブラックママ、水も温むこの時期、予定通りの産卵に至りました。

1月末、そして2月初旬、少量ずつ小分けにした産卵がおこなわれ。
そして今朝から始まった今回の産卵。



数時間で数個。



あっちにウロウロ~こっちにウロウロ~と落ち着かない。

8時間かけてようやく14個を何とか産みつけたという感じ。

 

なぜ一度にドバーッと産めなくなったのでしょうか。やはり高齢だから??

産卵が辛い?無理がある?

一昨年は一度に100個軽々と産んだのですが・・・(--,)



父親であるゴールデン君も一緒なのですが、不思議なんですよね。
あれだけアチラコチラ動き回る食いしん坊なゴールデン君が妻の産卵中はおとなしい。
ジーッと物陰に潜み静かに産卵が終わるのを待っているようです。





前回の産卵分の稚ウパたち。

父親譲りのイエローボディがなかなか輝きをましています。
2センチを超しました。



この子は絶対に素晴らしいウパに成長してくれることでしょう。楽しみです♪



その後の変態ウパ

あれからの変態ウパ君ですが、ご心配をお掛けしました。

ディスカスハンバーグ1センチ角を2個、バクッと食べて・・・

その三日後にはミミズ2匹を丸呑み。

まあこんなもんでしょう。とりあえず食べるという行為は確認できました。
少し安心(^○^)

でもここ数日間はまたまた黙り込んでしまい。



動物園のカバのように背中だけ水面から出ています。



顔つきがすごい変わってきています。

もうウーパールーパーの延長線ではありません。

特に目元が変わりました。



正直、ブッサイク~な顔です(・・;)

鼻の穴が目立ちます。

これがオークションの現実だとしたら悲しい

我家のウパはオスだらけ~!オス天国なのです。

今のところメスと認定できるのは3匹。ブラックママ、マーブルママ、そして外様の岡山産マーブル(昨年ヤフオクにて落札)

焦る気持ちはヤフオクで新たなメスを捜し求めてしまったのです。
そして悲しい現実を見せつけられてしまったのです。

4匹まとめて成体の出品、リューシ3匹、アルビノ1匹。
これは買いやな~と迷わずライバルと争奪戦!
勝利しました。
値段は書けませんが、4匹の値段なら安いほう。

詳しく書いてしまうと誰のオークションがバレバレなので克明には書けません。
また、この出品者の人を非難しているわけではなく、そもそもオークションの現実が悲しいことを書きたいのです。ご理解下さい、そして意見をください。

確かに写真の個体が来た。



なるほど~!立派に成長した丸まるとした体格は我家のウパたちより素晴らしい。
手足再生中であると説明書きに書いてあったのは確かなこと。
でも、並べて撮った写真は上手く撮っているな~と感じました。
欠損部分が意図的に?とは思いたくないけど見えなかった(一部見えていた)

でも、ここまで酷いとは唖然!!



再生中?



この子が一番マシ



四肢ともに欠損、そして再生中・・・確かに再生中・・・ではありますが(;´Д`A ```





あまりにエグイけど下からアップで撮ってみた。再生中には違いない。

しかもオス?(・・;)

4匹中、4匹が何らかの欠損の痕跡があるんです。

もちろん詐欺なんて言ってないし理解して落札をしました。

ここで問題にしたいのはオークションの現実。
あまりにも出品者の生体への愛情が感じられない。

オークションは安い。安いからテキトウに??テキトウでいい??

この4匹、想像するに5センチ前後以降にかなりの過密飼育によって四肢が奪われた気がします。
成体に成長してからの四肢の欠損はほぼ考えられない。

不思議なのはどうしてもっとも危険な時期に過密飼育をするのか?という点。
とにかく数を稼ぎ出品してしまえばいい。
欠損は当然というウパ幼生飼育の常識がおかしいのです。

欠損有、再生します、ノークレームノーリターンと書けば問題はない。
確かにそのとおりなのです。
このオークションの現実がそもそも変なんですね。

以前にこのような出品者もいました。四肢が欠損B級品格安。
これも悲しかった。
最初からB級扱いか!!
過密飼育した画像を載せて、こんな感じで飼育してます。四肢ありません、それでもいいですよね?

売ることしか考えてない。安いんだから文句言うな。
自分にはそうにしか取れないのです。

中にはこんな出品者がいます。
個別飼育をしています四肢の欠損はほとんどありません。
本当はこれが普通なんだと思うんです。

自分も同じ飼育概念でがんばってます。
がんばっているというより、当たり前だと感じてます。
手足のないウパを見るのは嫌なもんですからね。

もっとも果敢な危険な時期!四肢の奪い合いは必死の時期こそ、何とかして美個体を作ることばかり意識しています。

同じくブログ仲間の「うぱうぱ」
こちらもピルケースを並べての個別飼育を心がけておられます。
すごいことですよね!

うちのウパを買ってください、そう言ってるのではありません。
当然、ヤフオクへも出品も考えて育ててるのですが、値段は相場と同じです。
美品だからと高い値段はつけてません。

欠損してます、ノークレームで~と言うのなら、欠損のないウパを育てる環境を、それを求めているのです。
工夫次第ではできるはず。

今やオークションといえども欠損ウパを当たり前に売るのはどうなんだろう?と疑問に思います。
満足な個体を売ってこそ当たり前だと思うのですが・・・違いますでしょうか?

今回、こうして4匹のウパを落札したことにより改めてオークションの現実を考えさせられました。

さて、肝心のメス求む・・・だったのですが、どうでしょう??



あ~~~~! これも完全なオスですね(´_`。)

出戻りの変態ウパ

2年前でしたか、我家で生まれた稚ウパが大量に兵庫県は尼崎に里子に出ました。

それから2年、そのうちの2匹を飼育している飼い主さんからウパの近況が入りました。

そのうちの1匹のエラがない、尻尾がトカゲのように・・・??

もしや?変態した!疑いを持ちませんでした。

変態→上陸したウパは飼育に手こずるそうなので引き取ることに。

変態してしまったらもはやウパではありませんよね。サラマンダー(サンショウウオ)なんですね(;^_^A

この子です。



全長20センチ、けっこう丸々としたオスです。



なるほど!顔つきがかわってますね。特に目元が変わりました。



水場(水深2~3センチ)と陸場を半々に設けてまずは落ち着かせることからスタート。



なんと自分から陸場に上がっていました。

あまり動き回ったり、そんなことはしません。じーっと環境に慣れていく感じ。

この時期はサンショウウオに限って言えば拒食の時期にあたります。
カスミ、クロ、トウキョウサンショウウオをこれまでに幼生から変態して上陸させましたが、自分の体の変化、周りの環境の変化などから一時ストレスを起こし食が鈍る。
この時期を乗り越えれば楽になるはずなのですが・・・

この子も同じだと思います。
ウパである2年間の水中生活から一転して半陸の生活へ
かなりストレスを抱えていると思われます。

とりあえず食をそそるであろうぶどう虫をご用意しました。



30匹入りで640円(・・;)



2センチ超の大物です。

が、しかし、目の前に置いたものの・・・一瞬食べるかな?の仕草を見せたものの・・・
やはり食べようとはしません。



ただ見つめるだけ・・・。

まあまだまだ焦ることはないと思います・・・多分・・・。

食べる時期がくれば必ず食べると信じてます。
サンショウウオは皆がそうでしたから。
しはらくは出戻り君と根競べの日々が続くでしょう。

ぶどう虫を見せると必死で興味を示すカスミサンショウウオ。



頭ぐらいの大きさでも丸呑み。



クロサンショウウオも久しぶりのご馳走に必死で喰らいつく!!

 



忍者カウンター

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

飼育概念

両生類に限らず生き物を飼育するのにあまりに神経質にならないことです。 要は肝心要の基本だけを実践すればさほど弱い生き物はいない。 もし弱いとしたら飼育できないと思い諦めることも必要。 そういう概念で多くの両生類を長年飼っています。

Twitter https://twitter.com/yyssaann

最新コメント

[04/23 うぱ]
[04/21 まーぶりん]
[04/12 うぱ]
[04/09 あさみ]
[04/03 うぱ]

プロフィール

HN:
ウパ
性別:
男性
自己紹介:
ウーパールーパーなど両生類を多く飼育しています。

P R

忍者アナライズ

バーコード

Copyright © うちのウパ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]
a href="http://pet.にほんブログ村 その他ペットブログ ウーパールーパーへ
にほんブログ村 /div>