忍者ブログ

うちのウパ

ウーパールーパー中心のブログが、気がつけば、いつの間にか他の生き物の話題も満載に。イベリアトゲイモリ、ダニューブクシイモリ、カスミサンショウウオ、モリアオガエル、メダカ、水辺の植物などなど、皆様との交流を楽しみたいと思っております。 Twitterはじめました https://twitter.com/yyssaann

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんなこともあるさ・・・死着(--,) でも・・・

15日、長崎県は壱岐市。離れ島へ発送したウパ2匹・・・本日、丸1日遅れで到着したものの死着していた!との連絡が・・・(--,)

台風の影響で丸1日遅れてしまった。きっと船が欠航したのでしょうね。

 

かなりショック受けてます。

初めての死着経験!

しかも2匹とも天塩にかけてここまで立派に育ててきたのに・・・。

そしてこの環境が厳しかった??

基本、夕刻発送→翌日午前着の地域のみ、を厳守していればよかったのか・・・。

過去にこんな梱包で沖縄まで届いたのですが・・・今回は台風の影響も大きかったのか?
2日以上掛かってしまったのはリスクが大きすぎた?

言い訳はしたくありません。

本来ならオークションは死着補償なしとしてますから送ってしまえばこっちのもの・・・
と考える人も実際多いようです。

しかしながら生き物を愛する以上、やはり死んだものを売ってしまったという罪の意識は拭えません。
全額返金か? 同じもの(たまたまアルビノとブラック)同じサイズの個体がいた。
それを無償で発送するか?悩みました。

先方様より再送をお願いします、と来たから・・・明日、再送することとしました。

今度は無事に到着してほしい。もうそれしかありません。





PR

やはり!乾燥アカムシも・・・

スズムシに冷凍アカムシを与えてみたところ良く食べた~!

そもそもが雑食性、中でも動物質の餌を好むのがスズムシ。

一昔前ならキュウリ、ナス、ニンジンに時々でいいから煮干しを与えれば良し。
そんな適当な飼育方法がまかり通っていた気がします。

今ではスズムシ専用の餌も出回り・・・。

でも専用のもの買わなくてもいいんですよ。
あるもので充分に飼育できるのがスズムシ。

乾燥アカムシを与えてみました。

絶対に大好きなはずだと自信を持って・・・。



やはり!早々にやってきました。



軽い、運びやすい・・・
餌場を後にゆっくり食事するメスのスズムシ。

もちろん専用の餌でいいんですよ。
メーカーは研究をして作っているわけですら・・・
でも、たかがスズムシでも毎日同じでは面白くないはずです。

色んな餌に挑戦してみましょう。

そんなわけで・・・スズムシかせ離れてしまいますがウーパールーパーの餌。

新しい餌を発見してしまいました。



『究極の餌、ウーパールーパー用』ビーブラスト B-blastという会社。

こういうのに弱いんですよね(・・;)

買ってしまいました・・・すると!!

粒が細かかった・・・いや、細かすぎる!



左が ひかりウーパールーパー大粒 ですから、かなり細かいです。

このサイズだと3センチぐらいのウパでちょうど良いぐらい。
5センチサイズのウパではやや小さいと思うんです。

うちのウパは最も小さな子で7センチぐらいですから(・・;)

パッケージには大粒も小粒も書いてなかったぞ(`ε´)
そのぐらいは明記するべきかと・・・。

スズムシの餌として活用するかな・・・。

嬉しいもんです・・・ご縁あって

先日、ウパのアルビノが福島県へ行きました。

行った先の方がブログを公開されていてご紹介していただき(^○^)

嬉しいもんですね。

 

cheshirepet様  シマリス4匹にウサギ2匹と小動物の中に入れていただきましたうちのウパ。

人懐っこい子でしたから餌をおねだりするそうです。

名前も付けて頂いたそうで~ 『ルパ』

ウィローモスの絨毯がフカフカ、とてもよい環境で飼っていただきありがたいですね。

うちにいた頃のアルビノ。



そう言えばいつもこうして餌をくれ~と踊っていました。

同居しているリューシがいるそうです。



仲良くしてほしいですね。

協調性はどうなんだろうか~? 幼少期は多頭飼育してましたが、手足が生える頃からは単独飼育。
でも心配もあまりないでしょう。もうここまで大きくなれば無茶はしないでしょう。

どうしても気になるもんです。
あの子はどうしているのか? この猛暑をどう乗り切ったのか?・・・

これまでに多くのウパが我家から出て行きました。
北は岩手、南は沖縄まで~!

何人かの人とは交流が出来てその後の様子も伺ってますが、こうしてブログで紹介していただけるとホントに嬉しくありがたいものですね。

励みになりますウパの飼育と繁殖。来季もまたヤフオクで『うちのウパ』よろしくお願いします♪

真夜中の奇怪な出来事!

昨夜の深夜のこと・・・我家のウパは自宅ではなく自営業であるお店で飼育しています。

忘れ物に気がついて店に入り灯りをつけました。

何気なしに30センチキューブに掛けてあるスドーの外掛け式産卵飼育ボックスに目をやると!!

ブラックだったウパが白くなってる!

スーパーブラック君2号。

 

完全に寝ている?ようでまったく動きません。

ウーパールーパーって夜行性まではいかないけど、意外と夜に活発に行動していると認識していました。
夜の間に餌を漁っていたり。

マジで爆睡タイムは活性も低くなり色が抜けてしまうのか?
新しい発見をしてしまいました。

今日のスーパーブラック君2号。


いつもと変わりなく愛想を振りまいております(^○^)

確かにウパは体色を変化させます。
特にアルビノ系はピンクが強くなったり薄くなったり。
餌を入れると薄かった鰓のビラビラが猛烈に赤くなる!
きっと興奮しているんでしょうね~!

ゴールデンもオレンジ系に見えたと思ったらイエローになったりで・・・。
なかなか奥の深い奇怪な生き物であります。

水質良好! ウパで観葉植物を増やそう?

ガラス瓶飼育で多くの稚ウパたちを飼育してます。

以前に紹介したウパのミニアクアリウム 

小さいウパを単独飼育するには有効なやり方だと思います。

以前からちょいちょいこんなことをしています。

観葉植物を挿す! そうです、チョンと茎から切断してガラス瓶に入れるだけ・・・。



ポトスのライムですが、生育旺盛な今こそチャンス!
次々と小苗ができるのです。



ガラス瓶の中にはウパがいてポトスを開口部に乗せる感じで・・・
するとやがては根が伸びてきます。



こんな感じです。

ブリンドル2号君のガラス瓶はいつも快適。

見た目にも濁りなし、水質も安定していると思われます。
水を替える頻度も3~4日に半分程度に減らしましたが何の問題もなし。
もっと少なくても良いのかも知れません。

なぜかというと植物の根が有効に働いているのです。

ウパの排泄物はアンモニア。それは窒素として水中に残ります。
植物は窒素を肥料として吸収してくれます。
特に観葉植物は窒素大好き。
非常に良く育ちます。ガラス瓶の中の汚れもスカーッとするのです。
ウパにも植物にも都合は良いのです。

 
我家のウパはほとんどがこの手のミニアクアリウム育ちです。

ブリンドル1号君も快適です。

使える植物は何もポトスだけではありません。ただポトスがもっとも生育が旺盛なのです。

シンゴニューム、モンステラ、スパティフィラム、他つる性の植物は雰囲気が出ていい感じです。
ちょっと切って挿すだけ。

大きくなったら鉢上げすればいいのです。

冬は水温が低くなるので植物の育ちはよくありません。初夏から秋まで限定です。
ウパの生育とともに観葉植物も増やしてしまいましょう。






是か非か・・・クール便発送

ヤフオクでの生体の発送、ホントのこと言えば今はやめておいたほうが無難ではある・・・。

が、しかし!今もって生体を抱えている以上は出品を続けている。

ウパの今季の出品は秋から再開するとして、イベリアトゲイモリは現在も継続中。

先日、久しぶりに落札があった。

もちろんクール便での発送になるのであるが、逆にクール便は冷えすぎるので危険と否定的な出品者も多いようだ。

両生類に限って言うと・・・暑いより絶対にマシ。
マシというより、むしろクール便ぐらい冷えても大丈夫。冷えるべきと書こうか・・・。

クロネコヤマトに問い合わせると約10度以下・・・5度以上だとの回答。

冷やすことで代謝も鈍り輸送のストレスも減るはず。
つまり行動力が鈍るので半分は寝たような状態に。

否定的な意見を述べる人は爬虫類のように考えておられるのかも?

中には冬にはウパにカイロを?
そんな発送をしているのにも驚かされる。
氷点下にならない限り大丈夫。

話を戻すと・・・。

もし?これがクール便でなく保冷剤だけだったとしたら・・・。
常温の荷物と一緒に輸送。
夕刻に発送、保冷剤で最初は良いとしても・・・翌朝には保冷剤の効果もなくなり、午前着としてもトラックの荷室は外気温と同じ・・・水温は相当に上昇するだろう。

到着して倉庫で待たされる。

クロネコの常温の倉庫は炎天下の野外にある。この時点でアウトかも!

とにかく今の時期はクール便が絶対に安心だといえる。


発泡箱のビニール袋の中で待機するイベリア幼生たち。

この間、実は少しずつ水温を下げていっている。


15度まで下がった。
ちょうど快適な水温なのかもしれない。

クロネコヤマトに行くとここからさらに5度以上下がるわけだが、まったく問題はないと思う。

そういう点では両生類は温度に幅があり楽なのではないか。

そんなイベリアたちだったが、クール便で無事に到着したと報告があった。

到着したからといきなり飼育水に入れてはならない。
急激な水温の変化は恐ろしい。
まずは到着したらそのまま常温に戻していく・・・そこから飼育のスタート・・・とアドバイスしておいた。

そしてもうひとつ気をつけたいのは!!


変態直後にちょくちょく見かけるシーン。

ほぼ一生を水中で過ごす。水から上がることがないと思われるイベリアだが、この時期に限ってか?こういうシーンを見せる。
必ず蓋を忘れないこと。






素晴らしい効能?

メーカーの回し者ではありませんが、このコンディショナーは最高にいいです(^○^)

良いというのはウーパールーパーにはもちろんのこと、実はイトミミズが長生きする!という。

以前にも少しだけ紹介したことのある

『アクシズ ウォーターサプリ両生類用』



このサプリの成果でウーパールーパー、イベリアトゲイモリの幼生が落ちることなく元気なのか?
それは正直実証は出来てません。
他にエーハイム・フォーインワンも併用しているから。

しかしながら、イトミミズに到っては、以前はショップで購入後、なるべく早めに与えきらないと腐敗して死んでしまう。
イトミミズが腐ったらとんでもないことになります。ものすごい異臭!

ところが、一ヶ月前あたりから購入後に水を張り、エアーレーションをしてウォーターサプリを少しだけ投入。
すると!朝と夜の二回の水替えだけで死亡率が激減した。

イトミミズは固まる性質があり、どうしても底に、下になったものから死んで腐敗していく。
腐敗は腐敗を誘うのか・・・次々と腐敗していく(--,)

それが死なないから腐敗しない、仮に生きていても元気なくダラリ~としていたイトミミズも赤いままにピンピン元気にしている!


無駄なく最後まで与えることが出来るようになったのです。


チビゴールデンもイトミミズで日々元気!
あのユラユラが食欲を誘います。


リューシ兄弟もイトミミズが大好き♪

イトミミズ、賛否両論のある生餌だと思います。
雑菌を招く、余計なものを持ち込む、病気、感染症の元。
言われてみたらそうなのかもしれませんが・・・
それでも使い続けています。

頻繁に水を替えるのであまり気にしていません。
極端に衛生的に保つことが果たしていいことなのでしょうか?
そんな環境にウーパールーパーは住むのでしょうか?
程度の問題だと思います。

何より消化がいいし、内臓の負担も少ないはず。
但しカロリーは高い?だから太る?つまり大きくなる。
これも幼いうちだけで大きくなった個体は配合飼料に切り替えです。

これからますます暑くなります。
イトミミズ保存にはいよいよ辛い季節。
ちょうど各個体も配合飼料切り替え時期となりイトミミズを与えることもなくなっていくでしょう。

イトミミズが長生きするということは、絶対にウパにもいいはず。

アクシズウォーターサプリ両生類用、Amazonでお安く買えます。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA-%E4%B8%A1%E7%94%9F%E9%A1%9E%E7%94%A8-500ml/dp/B008LZFMSQ

うちはいつもAmazonです。


横向きウパ

ある方から質問がありました。

横向きに浮いている。

よくある症状だと思います。 横向きウパ

うちにも2匹います。


成体では見たことはありませんが幼生時期にちょいちょいあります。


現在、2匹のアルビノが同じ症状でヤフオクに出品できないでいます。

病気?ではないのですが、あまり喜ばしい症状ではないし、このような子はヤフオクには出せません。
水温が高くなり始めるシーズンに多いようです。

右側を下にしてる場合が多いと思います。
このケースはいつの間にか治ってしまうことが多い。
胃の中にガスが溜まっている。

いつの間にか治っているというのは水を替えていたら治っていた・・・そう解釈していいと思います。
一時的な体の変調ぐらいに軽く受け止めてます。


完治して落札を待つアルビノ。

逆の場合、左側が下に・・・これは少々マズイ症状のようですが、うちでは見かけたことないのでわかりません。

幸い、心配していた方のウパも右が下になっているそうなのでホッとしました。

ジワジワと水温が高くなってきています。
とにかく水を替えることで溶存酸素を高め水質を保つ。
それしかないんでしょうね~(;^_^A


飛行機に乗ったウパたち

ヤフオクで沖縄の方から落札があった。

マーブル、アルビノ、リューシの3匹。
子供の誕生日のプレゼントにぜひとも・・・と。
それはありがたい、数ある出品者の皆さんの中から当方を選んでいただき感謝。




しかしながら、沖縄!!
やはり航空機搭載ということになる。
中1日、つまりは今日出荷しても明後日の到着。もちろんクール便であるが・・・
それでもリスクは相当なものに違いない。

子供さんの誕生日のプレゼントに・・・もしも?死着でもしていたら目も当てられない(--,)
迷いに迷ったが・・・お受けすることにした。

落札者さんも気を使ってくださっている。
こちらも責任重大だ。

いつもの発泡スチロール箱に例のビニール袋を二重。
補償分というのも失礼ながら余分にマーブルを1匹追加しておいた。
いつもはしないけど、酸素の出る石、というものを入れてみた。
いよいよ出荷!

旅立っていったウパたち・・・
非常に気になる。

翌日、クロネコヤマトで荷物の問い合わせ番号を調べると受付としかなっていない。

そして今朝、再びクロネコの問い合わせを見ると沖縄へ到着していた。

果たしてウパたちは生きているのか?

飛行機に乗ったウパもそう多くないだろう。
気になって仕方ない。

落札者さんから連絡があった。
あっ!やはりダメだったか!

まだ到着しない・・・。
落札者さんへ問い合わせ番号を知らせて直接現地のクロネコに問い合わせてもらったら!
住所の記入ミスが発覚(・・;)

これは当方のミス。

沖縄へようやく着いても、その後の余分な時間の経過で最悪な結果になったとしたら責任は重い!

午後6時過ぎ、連絡が入った。
生きている、皆元気で生きている。

あ~よかったぁ~ ホントにホッとした。
大阪から沖縄へ飛行機に乗ったウパたち。
元気で暑い沖縄の夏を乗り越えてもらいたい。



ウパは苔が似合う

ウパの小さいうちだけのお楽しみ♪ ミニアクアリウム

中でもお気に入りのアイテムがあります。

苔の石



GEXより発売されている 和の庭シリーズ

色んなのがリリースされていて楽しいです。

一見、ホンモノの苔に見えてしまいますがニセモノです。


可愛いシーンに出くわしました。

流木状になったトンネルをくぐるゴールデンミニ君。


緑との色の対比が美しいです、お似合いです。


ようやく6センチぐらいになりましたが一人前にラメの入った尻尾を振ってます。




ブリンドル君も苔石がお似合い。

和の庭シリーズお気に入りです。


苔石と対比させ映えるのがオレンジっぽい石。

ただの石ではないのです。 ゼオライトの石

本当にきれいにするのか?どうかは定かではありませんが、もう1ヶ月以上使っていますが悪くはないようです。



タコツボなどもアクセサリーに加えていますがウパが入った試しナシ(ノ_-。)

麦飯原石というのも入れていますが実際の効果はどうなのか?2日に一度水を替えていますからわかりようがありませんね。アクセサリーとして割り切っています。


ただの石ころに見えてしまうけど・・・(笑)

まあウパが元気ならそれでいいんです(^○^)

忍者カウンター

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

飼育概念

両生類に限らず生き物を飼育するのにあまりに神経質にならないことです。 要は肝心要の基本だけを実践すればさほど弱い生き物はいない。 もし弱いとしたら飼育できないと思い諦めることも必要。 そういう概念で多くの両生類を長年飼っています。

Twitter https://twitter.com/yyssaann

最新コメント

[04/23 うぱ]
[04/21 まーぶりん]
[04/12 うぱ]
[04/09 あさみ]
[04/03 うぱ]

プロフィール

HN:
ウパ
性別:
男性
自己紹介:
ウーパールーパーなど両生類を多く飼育しています。

P R

忍者アナライズ

バーコード

Copyright © うちのウパ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]
a href="http://pet.にほんブログ村 その他ペットブログ ウーパールーパーへ
にほんブログ村 /div>