忍者ブログ

うちのウパ

ウーパールーパー中心のブログが、気がつけば、いつの間にか他の生き物の話題も満載に。イベリアトゲイモリ、ダニューブクシイモリ、カスミサンショウウオ、モリアオガエル、メダカ、水辺の植物などなど、皆様との交流を楽しみたいと思っております。 Twitterはじめました https://twitter.com/yyssaann

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

初産は辛いのか・・・新マーブルママ

我家のウパのほとんどは同血統、それはそれで問題はないけれど・・・

ここらで新しい血統のウパも・・・と実は昨年ヤフオクでゲットしたマーブル。
成長につれて確実にメスであることがわかり。

今回、ゴールデンパパの子であるゴールデン2号と同居させてみました。

水槽ではなく衣装ケースという少し可哀想な雑な新居ながら、意外と衣装ケースは落ち着くんです。
体裁さえ気にしなければ使い勝手のよい衣装ケース。



新婚生活しばらくしても気配なし・・・。

そこで今月に入って2週間ほど水温を22度~24度、少し温かすぎるかな~?程度まで上げてみました。
そして3日前にヒーターオフ、水温は15度~18度程度まで下がったはずです。
このショックが予想したとおり本日大当たり!
朝から落ち着かない新マーブルママ。



お腹もかなり膨らんでました。
よくよく見れば排泄肛も開いていた。

すると!



3個の卵発見! やはり!産みましたね。

こういうときはアナカリス。

入れて数時間後、やはり数個ほど追加。



その数時間後、今現在。



10個近く産み落したようです。

が、しかし!あまり大きな期待は出来ません。
ウパ、2~3年目がもっともメスとして成熟、卵の数も質も?期待できるようなのです。

初産ということもあり大きな期待は出来ませんが、まあとりあえず若いママと若いパパとの新しい血統が誕生したということで満足としておきましょう。

明日の朝~明後日まで産卵は続くかも知れません。
結果、後日アップということで・・・。



PR

がんばったブラックママ

今朝になり多くの卵を追加しておりましたブラックママ。

あれからアナカリス数本を束ねて投入。これが功を奏したのかポカポカと落ち着いて産卵を始めたようです。

やはり!イミテーション水草では落ち着かない?所詮はプラスティックですから本物の水草との質感が違いすぎます。
やはり自然素材が一番なんでしょうね。







だいたいの数40個ぐらい?

まあこれでも頑張った方なのです。

問題は今後のこと、正直危なっかしいかも知れません。
これも母側が高齢であるのが原因なのか?
死卵が意外と多く出る。卵割が順調と思いきや・・・途中でダメになる卵もありました。
なのでヤフオクへの出品は今回は控えて我家で孵化させることに。
きっと父親似のゴールデンも多々混じるはずです。楽しみです♪

欠損のない美しいウパを作り出し皆さんにお安く提供したいです。



お疲れさん~と労をねぎらうゴールデンパパ。



まだ産むのかな? ブラックママの排泄肛がまだ開いている。



しばらく様子を見ておきましょう。

がんばれブラックママ

やはり高齢ウパの出産はきついのでしょうか。

ブラックママ、水も温むこの時期、予定通りの産卵に至りました。

1月末、そして2月初旬、少量ずつ小分けにした産卵がおこなわれ。
そして今朝から始まった今回の産卵。



数時間で数個。



あっちにウロウロ~こっちにウロウロ~と落ち着かない。

8時間かけてようやく14個を何とか産みつけたという感じ。

 

なぜ一度にドバーッと産めなくなったのでしょうか。やはり高齢だから??

産卵が辛い?無理がある?

一昨年は一度に100個軽々と産んだのですが・・・(--,)



父親であるゴールデン君も一緒なのですが、不思議なんですよね。
あれだけアチラコチラ動き回る食いしん坊なゴールデン君が妻の産卵中はおとなしい。
ジーッと物陰に潜み静かに産卵が終わるのを待っているようです。





前回の産卵分の稚ウパたち。

父親譲りのイエローボディがなかなか輝きをましています。
2センチを超しました。



この子は絶対に素晴らしいウパに成長してくれることでしょう。楽しみです♪



外部の血を導入ということで・・・

新しい血を導入しようと当ブログ読者でもある うぱうぱ の まめさん より送ってもらったウパ卵、ここ数日でめちゃ順調に孵化を始めました。

今のところ11匹、好成績です。



母はブラック、父はリューシだそうです。ちなみに母の名前はルビーちゃん♪



リューシでしょうね、右はブラックになりそうな気配・・・。
リューシとブラックは遺伝子的に近い関係にあるのです。



アルビノも出ました。



お腹が真っ赤っか~に染まるほどブラインシュリンプを与えます。



孵化初期段階での餌の摂取量でウパの一生は決まったようなものです。

ここで怠けてはいけません。
ブラインシュリンプを沸かすのは正直面倒です。
ほんの2~3週のことです、間頑張りましょう。

我家の稚ウパです。

遺伝というものは本当にすごい!



父親がラメラメゴールデンだったので子もゴールデンが多い。
特にイエローヘッドが目立つ子が多いものの・・・

これも決定的ではないこと。
成長とともにピンク掛ってアルビノになったり、ますますイエローは全身に現れ、そしてラメが生じていく。どちらかが我家の特徴的なパターンなのです。

 
この子は楽しみな子ですが・・・先はどう変化するのか??わかりません。

ウーパールーパーを卵から孵化させ丹誠込めて育てていく楽しみはそこではないかと思うのです。


やっぱりイトメ~イトミミズ

以前にも早い段階からイトミミズを与えると書きましたが、やっぱりイトミミズは最強です!

細かく刻んだりしてスポイドで吹き込む!
反射的に稚ウパは飛びつく、もりもりと食べる。

動くものに興味を惹かれますから反射的にガッン!と行くんですね。



アカムシでは少々大きすぎて食えない、けどイトミミズなら。
2週間目の稚ウパ、かなりしっかりしてきました。

1ヶ月になり余裕の出てきたマーブルママ×マーブルパパの稚ウパ。



この子はマーブル間違いなし・・・
じゃ、この子は??



皆、イトミミズを食って大きくなるのです我家の稚ウパ。

最近はイトミミズを扱うショップは稀。
たまたま自宅近くのショップが常時置いているから助かりますが、それも夏場は厳しい状況に。

通販でもイトミミズは買えますが、これも1キロ2キロじゃ個人では手に負えないし。

これで400円、管理さえきっちりすれば2週間は余裕です。



今、この時期だけはどうしても与えたいイトミミズ。
雑菌がどうのこうのとキにしている暇はないのです(笑)







色がそろそろ出てきたかも

前回、父親似が少ないと書いたのですが、どうやらゴールデンっぽい子が数匹はいるようです。

15日孵化、2週間目になり体格はしっかりしてきました。
同時に色も出てきました。


ゴールデンらしき楽しみな子は左から二番目。右に2匹は多分アルビノではないかと?

 

こちらもゴールデンか? 



リューシ?っぽい個体、でもこの時期ってホントに確定できないことが多いんです。
右はブラック確実です。



上、多分ゴールデンに。下はアルビノの様子ながら頭部にイエローの発色が見られます。
昨年も同じように頭部にイエローの発色が目立つ個体が出ました。
しかしながら普通のアルビノに変化して行ったことも。

14匹中、ゴールデン(アルビノ)8匹と父親の血が濃かったという結論に達しそうです。





父親似が少ない・・・(´_`。)

2月2日~3日分のブラックママとゴールデン君の卵。

昨日最初の子が孵化。15日目に孵化したということになりますが、今朝更に孵化していて7匹になりました。



どうやら母親似が圧倒的に多い!

父親はゴールデン。けっこう期待していたのに~!母親似のブラックが多いような。



昨年は多くのゴールデンとアルビノが出現したのに。

まだ袋の中に控える今にも飛び出しそうなウパ、こいつもブラックっぽいな~。



薄めの子を見つけました。こいつはゴールデンっぽいか??

 

ブラック×ゴールデン、卵を大多数出したので結局は全部孵化したとして13匹で落ち着きそう。

マーブルに始まる

2014年のウパ繁殖。 マーブル×マーブルだから、やはりマーブルに始まった。

新年早々に産み落とされ、19日に孵化した6匹。
そのうち2匹は早々に☆になって残ったのが4匹。




四角で囲ったのが☆になったウパ。
奇形です!!

左のウパは曲がってました。まっすぐにならなかったウパ。ルーペでよく見たら目がなかったのでした(・・;)しばらく生きていましたが・・・やはり☆に(ノ_・。)

右の子はエラがほとんどなかった・・・孵化して世に出たのに早々に☆。

残った4匹のウパ。1ヶ月が過ぎました。




3週間目のウパ。

ブラインを腹いっぱい食べて大きくなりました。
とにかくお腹がブラインの色、真っ赤に染まるぐらい食べさせないとその後の成長に差が出ます。

それにしても、やはりマーブルでした。

マーブル×マーブルの子、もちろん確率的にマーブルが多くて当然。
昨年のようなミューテーションウパは今回は登場してません。

22日、またしてもマーブルママが産卵。手元に少量残してたのが先日孵化しました。
今回も4匹です。



どうやら?どれもマーブルっぽいですね。

マーブル、正直言って人気薄です。
なぜでしょうね~!野性味たっぷりで玄人好みだと思いますが。
柄が薄かったら濃かったり違いも大きいのに。
ヤフオクではいつも売れ残ります(・・;)

どうしてもリューシとゴールデンが人気で、次にアルビノ。

ブラックもあまり好まれません。
4~5年前まではブラックウパは品薄だったのです。
なかなか手に入らないウパだったの思い出します。
ブラックだけ高価だったり。

さて孵化待ちの卵。




ブラックママとゴールデン君の子孫。

かなりカタチになってきてます。

白っぽい子が多いようで楽しみです♪

予定日は来週末ぐらいか??






今度は40個、ブラックママ

先月27日に少ない目の産卵をしたブラックママ。

一昨日の夜から今日にかけて少しずつ産みはじめました。
今現在も産んでます。

水槽のアチラコチラを徘徊し1個2個・・・産んだと思ったら1時間休憩して数個単位で生み続ける。
これだけ時間を使って産卵するウパは初めてです。

これも高齢だからなのか?? 7年目のウパですから(--,)



これが父親のゴールデン君。



2匹の間に昨年生まれたゴールデン君3号(2号は別に居ます)



ややショートテールでラメラメが強烈に出た子です。

今回も父親に似たゴールデン出現に期待。

期待の40個。



どうした?ブラックママ少な目の産卵

待ちに待った日が来ました。

前回、そろそろ兆候が?と思われたブラックママ、やはり産卵を始めました。

落ち着かない様子で水槽内を回っています。

とりあえず♂ゴールデン君を別に離隔。落ち着いた環境を作りました。

さあ産卵が始まった。その一部を動画で!



開始15秒のところ見逃さないでください。

モコモコっと卵が出てきます。

しかし、今回の産卵、異常に数が少ない。

しばらく見守るものの翌日の今日になっても10個程度か??

産みたくてウズウズしている様子が伺えるものの・・・なかなか出てこない?そんな感じに見受けられます。

忍者カウンター

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

飼育概念

両生類に限らず生き物を飼育するのにあまりに神経質にならないことです。 要は肝心要の基本だけを実践すればさほど弱い生き物はいない。 もし弱いとしたら飼育できないと思い諦めることも必要。 そういう概念で多くの両生類を長年飼っています。

Twitter https://twitter.com/yyssaann

最新コメント

[04/23 うぱ]
[04/21 まーぶりん]
[04/12 うぱ]
[04/09 あさみ]
[04/03 うぱ]

プロフィール

HN:
ウパ
性別:
男性
自己紹介:
ウーパールーパーなど両生類を多く飼育しています。

P R

忍者アナライズ

バーコード

Copyright © うちのウパ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]
a href="http://pet.にほんブログ村 その他ペットブログ ウーパールーパーへ
にほんブログ村 /div>