忍者ブログ

うちのウパ

ウーパールーパー中心のブログが、気がつけば、いつの間にか他の生き物の話題も満載に。イベリアトゲイモリ、ダニューブクシイモリ、カスミサンショウウオ、モリアオガエル、メダカ、水辺の植物などなど、皆様との交流を楽しみたいと思っております。 Twitterはじめました https://twitter.com/yyssaann

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

再生能力に期待す!

昨日、イベリアトゲイモリの驚異的な再生力に驚いた記事を載せたばかり!

その夜のことです!


二代目ゴールデン君の2匹がものすごいバトル!

AがBの右前足を食って話しません。
もがくB。

無理に引き離すことも出来ずに・・・。

1~2分続いて、ようやく2匹は離れたのですが、やはり!恐れていた結果に(--,)


右前足がほぼ付け根から引きちぎられている!

今朝になってよく見ると・・・前足だけではなかった!
外鰓の一部(下のほう)も欠損しているのに気がついた。


とにかく清潔な水を心がけ感染症を防ぎたい。

何もなければ一ヵ月後にはある程度再生されているはずなのですが、元のようにはならないかも。

つい先日、取り上げたスーパーブラック君のタヌキ腹は小石誤飲の結果とわかり落胆(ノ_・。)
今回も手足の欠損。
よくあるトラブルであり、あってほしくないトラブルであり、アクシデントであります。

ただ、こればかりは防ごうと思えば当然防げる。
底砂を敷かなければ誤飲はないし、単独飼育ならば手足の食い合いも起こりえないでしょう。

でも、これも飼育者それぞれにの考え方があって。
結果ばかりを恐れて自然とはまったく違う方向へ向かっていく。
こういう神経質な飼い方そのものに疑問があるのです。

きっちり飼育者としてやることはやる・・・けど過剰なことまではしない。
神経質になりたくない。

この飼育概念は変わることはないでしょう。





PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

忍者カウンター

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

飼育概念

両生類に限らず生き物を飼育するのにあまりに神経質にならないことです。 要は肝心要の基本だけを実践すればさほど弱い生き物はいない。 もし弱いとしたら飼育できないと思い諦めることも必要。 そういう概念で多くの両生類を長年飼っています。

Twitter https://twitter.com/yyssaann

最新コメント

[04/23 うぱ]
[04/21 まーぶりん]
[04/12 うぱ]
[04/09 あさみ]
[04/03 うぱ]

プロフィール

HN:
ウパ
性別:
男性
自己紹介:
ウーパールーパーなど両生類を多く飼育しています。

P R

忍者アナライズ

バーコード

Copyright © うちのウパ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]
a href="http://pet.にほんブログ村 その他ペットブログ ウーパールーパーへ
にほんブログ村 /div>