忍者ブログ

うちのウパ

ウーパールーパー中心のブログが、気がつけば、いつの間にか他の生き物の話題も満載に。イベリアトゲイモリ、ダニューブクシイモリ、カスミサンショウウオ、モリアオガエル、メダカ、水辺の植物などなど、皆様との交流を楽しみたいと思っております。 Twitterはじめました https://twitter.com/yyssaann

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まずはブライン、これがないと始まらない

ウーパールーパー、イベリアトゲイモリに限らずあらゆる両生類、平たく言えば水の中で孵化したもの全てが最初に口にするのはプランクトン。

飼育下で繁殖させて、さて何を与えればとなれば昔からブラインシュリンプが定番。

けっこう面倒ではあるものの、大袈裟に考えずに簡単に孵化させてやってしまおう~と試みているのがこんな感じ。



ブライン卵とコーヒーの濾紙。



規定量の塩水を作って、狭い容器などに適当に入れて、そこへブライン卵をさらさらと入れる。

暖かい場所、例えば蛍光灯の上とか、我家は小さい水槽に浅く水を張りヒーターで22度ぐらいにして、そこへ容器を浮かべています。

約24時間後には肉眼では見にくいようなプランクトンが発生しています。
これがブラインシュリンプ。

スポイドで吸い取りコーヒーの濾紙へ。




塩水は下へポトポト・・・赤いブラインだけが残ります。
何度か真水で濾していく。



こんな感じでブラインだけ残ったらスポイドで吸い取り飼育容器へ注入するのです。

待ってました~! イベリアの幼生がパクパク!



朝夕と2回給餌できれば理想的。なかなか難しいけど・・・。

ウパ幼生ならブラインの期間は1週間から10日程度、強制的にイトミミズへ切り替えていきます。

イベリア幼生はウパに比べると小さいし成長も緩慢。
よって2週間以上もブラインを注入していますが、大きい子たちはイトミミズも口にしているようです。

無理やりでもイトミミズ一本になってくれると相当楽。

が・・・またしばらくすると別のウパ卵が孵化するし・・・当分はブライン沸かしは続けないとなりません。

ブラインを食べるイベリア幼生たち


PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

忍者カウンター

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

飼育概念

両生類に限らず生き物を飼育するのにあまりに神経質にならないことです。 要は肝心要の基本だけを実践すればさほど弱い生き物はいない。 もし弱いとしたら飼育できないと思い諦めることも必要。 そういう概念で多くの両生類を長年飼っています。

Twitter https://twitter.com/yyssaann

最新コメント

[04/23 うぱ]
[04/21 まーぶりん]
[04/12 うぱ]
[04/09 あさみ]
[04/03 うぱ]

プロフィール

HN:
ウパ
性別:
男性
自己紹介:
ウーパールーパーなど両生類を多く飼育しています。

P R

忍者アナライズ

バーコード

Copyright © うちのウパ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]
a href="http://pet.にほんブログ村 その他ペットブログ ウーパールーパーへ
にほんブログ村 /div>