忍者ブログ

うちのウパ

ウーパールーパー中心のブログが、気がつけば、いつの間にか他の生き物の話題も満載に。イベリアトゲイモリ、ダニューブクシイモリ、カスミサンショウウオ、モリアオガエル、メダカ、水辺の植物などなど、皆様との交流を楽しみたいと思っております。 Twitterはじめました https://twitter.com/yyssaann

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

カスミ幼生 その後・・・

6匹、我家にやってきて2週間になりました。

ショップでは正直、メダカやコリドラスと一緒に混泳させられていて(どんな組み合わせや)
流木の下に潜んで痩せ細っていた子たちでした。

確実にあのままの状態なら☆になっていたと思います。



ガッチリしました。体型もそれなりにしっかりして来ましたし、手足が太くもなりました。

毎日、冷凍アカムシ、ブラインシュリンプを食べています。

最初は食欲もイマイチだったものが、今は水面を見上げる個体も。

サンショウウオ幼生は動くものにしか興味ありません。
ウパのようにアカムシが目の前に転がっているだけでは食べません。

生きているよう演出?することで食べてくれます。

目の前に落とす→条件反射で食べる。
ピンセットに摘み目の前で躍らせる→生きているように見せる。




これは成体になっても同じです。

だからサンショウウオ飼育にはピンセット必需なんです。

成体になってピンセットからの給餌に馴れていると楽です。
レプトミンやその他の人工餌でも食べてくれるからです。



外鰓、まだしっかり付いているようですが、これも夏を過ぎる頃には取れてなくなる、
晴れて陸上デビューとなるのです。

ここでもっとも恐ろしいのが脱走。
外鰓が取れたことに気がつかない、忘れていた。
肺呼吸に変わったサンショウウオはどこへでも歩いて出かけられるのです。

外鰓が取れる頃、一時、食欲が落ちます。
これまでの水中生活から陸上生活に環境が変化、そのショック?でしょうか、一時食べなくなり困らせます。

ここでもピンセット、とにかくピンセットで根気よく食べさせるようにするのです。
一旦慣れてしまえば本当にあとが楽です。日本産小型サンショウウオ。



PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

忍者カウンター

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

飼育概念

両生類に限らず生き物を飼育するのにあまりに神経質にならないことです。 要は肝心要の基本だけを実践すればさほど弱い生き物はいない。 もし弱いとしたら飼育できないと思い諦めることも必要。 そういう概念で多くの両生類を長年飼っています。

Twitter https://twitter.com/yyssaann

最新コメント

[04/23 うぱ]
[04/21 まーぶりん]
[04/12 うぱ]
[04/09 あさみ]
[04/03 うぱ]

プロフィール

HN:
ウパ
性別:
男性
自己紹介:
ウーパールーパーなど両生類を多く飼育しています。

P R

忍者アナライズ

バーコード

Copyright © うちのウパ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]
a href="http://pet.にほんブログ村 その他ペットブログ ウーパールーパーへ
にほんブログ村 /div>